会社間のデータの受け渡し|外付けのhddからデータが消えてしまったら復旧業者に即相談

外付けのhddからデータが消えてしまったら復旧業者に即相談

男の人

会社間のデータの受け渡し

女の人

法人向けサービスの利用

書類や画像などをメールに添付して送るという事は会社間でもよくあることですが、それが大容量の場合にはプロバイダーなどの添付ファイルの上限などの関係で送れない事があります。会社間での大容量のデータ送信はデータを圧縮するなどでサイズを小さくするか、クラウドにアップロードして共有するなどのデータ送信方法があります。会社のデータですからセキュリティにも気を付けたいという場合には法人向けの大容量のデータ送信サービスやオンラインストレージサービスを利用するのがお勧めです。個人向けと法人向けの大きな違いはそのセキュリティで、情報漏洩などが気になる企業にもパスワードの利用やアクセスログの管理などで安心して利用する事が出来ます。

セキュリティに気を付ける

企業にとっては情報漏洩は生命線に関わることがありますから、大切なデータを頻繁にやり取りするなら安全策を確保するのが良いでしょう。法人向けのデータ送信は、相手を間違えてデータを送ってしまったとしてもデータを開く方法を知らなければ見られることもないので安心です。メールソフトにも大きなサイズのデータ送信が出来る便利なソフトがあります。こちらはメールを添付するわけではなくオンラインのストレージにデータを送ると、データを送りたい相手にダウンロードするためのリンクが付いたメールが送られるという仕組みになっています。データ送信も通信方法や会社は様々ですからデータ量やセキュリティ面などを比べて選びましょう。